2017年5月度、ビーズアップ・プラス編集部の注目度NO.1に取り上げられた「どろ豆乳石鹸 どろあわわ」。

どろあわわのもっちりな濃密な泡がビーズアップだけでなくブログやSNSでも話題になっています。

パッケージには「海の底のミネラル」と書かれていますが、どろあわわにどんな成分が配合されているのか、毛穴のよごれや黒ずみにどんな効果があるのか気になりますよね。

そこでどろあわわの配合成分を調べてみました。

どろあわわにはどんな成分が配合されているのか

1.豆乳発酵液

豆乳発酵液は保湿成分として使用されています。
大豆イソフラボンをたっぷり含んでいる豆乳を発酵させたものが「豆乳発酵液」です。
イソフラボンとは植物に含まれている「ポリフェノール」の一種で、女性ホルモンに似た働きを持つ成分です。
ホルモンバランスを整えたり、女性特有の症状を緩和させる効果があると言われています。
また、アンチエイジングに不可欠と言われる抗酸化作用を持っています。

2.コラーゲン

コラーゲンは化粧品の保湿成分としてはおなじみで大切な成分です。
潤いを保ち、お肌に弾力とハリを与える作用があります。コラーゲンはお肌、真皮と同じ成分です。コラーゲンがお肌の中のネットのような構造を作り、エラスチンがそこに弾力性を与えています。

3.ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の特徴は保水力です。ヒアルロン酸は1gで6リットルの水分を保持できると言われています。
浸透性に優れているので角質まで浸透してお肌を保湿する作用があります。
また、コラーゲンと組み合わせると相乗効果が得られると言われています。
ヒアルロン酸は天然のものですとニワトリのトサカなどから採られることが多いです。知らないとちょっとびっくりしてしまいますね。

4.黒砂糖エキス

黒砂糖はマグネシウムやミネラルをたくさん含んでおり、体に良いと言われていますが、お肌にも効果があります。
保湿力が高いので、どろあわわなどの洗顔石鹸をはじめ、化粧水、美容液などさまざまな化粧品に使われています。

どろあわわに配合されている泥はこちら!

泥パックやエステなどでおなじみの泥。クレイとも言います。泥はミネラルを豊富に含んでおり、吸着作用、抗炎症作用があると言われています。どろあわわに配合されている泥は国内産の二種類の泥です。

1.沖縄産マリンシルト

どろあわわに配合されている泥は、沖縄の限定地域で採れた「マリンシルト」。
豊富な海のミネラルを含んだ超微粒子の泡で、マイナスイオンを帯びているので毛穴の奥の汚れを吸着します。

2.国産ベントナイト

数億年前に海底に沈んだ火山灰由来の泥です。日本国内で採れた余分な皮脂を吸い取ってスッキリした肌に仕上がります。

どろあわわの「泡」

洗顔でもシャンプーでも直接お肌や髪につけて使うのではなく、「泡立てて使う」のが基本です。泡立ちが少なかったり密度が低いと摩擦が多くなり、お肌に影響を与えてしまいます。
どろあわわの最大の特徴はもっちりした泡です。濃密で弾力のある泡なので、気持ちいいし、お肌に優しい感触です。

まとめ

どろあわわには保湿成分である豆乳発酵液、コラーゲン、ヒアルロン酸、黒砂糖エキスが配合されているので、洗顔をすると同時にお肌をしっとりさせてくれます。
また、沖縄産マリンシルト、国産ベントナイトの二種類の上質な泥が毛穴の奥に吸着し、毛穴の汚れと黒ずみをしっかり落としてくれるイメージです。
どろあわはは、無香料、無着色、無鉱物油なので、香料の苦手な方や、着色料が気になる方には安心して使えますね。
また、もちもちした濃密な泡は泡立てる時も楽しいですし、いざ洗顔の時、お肌にあてた時の感触が違います。もっちりしたあわあわは毎日の洗顔を楽しくしてくれるかも!