洗顔料のどろあわわは正しい泡立て方でいい泡をつくることが効果を発揮できるカギになります。

誰でも簡単にもっちり泡をつくれることも魅力でもあり、こだわり専用ネットを常備すれば間違いなく肌に優しい泡を用意できます。

いい泡をつくれば、摩擦を軽減することができるので、専用ネットで弾力があってつぶれにくい泡をつくり、優しく洗い上げることに専念するといいです。

1 まずは、専用の泡立てネットに水を含ませます。もしくはぬるま湯があればそれでもいいです。

2 その後、余分な水気を切ることで、泡が十分にできるようになります。

3 丁度いい具合に水分を切ったら、泡立てネットを掌に開いて置いて、間になるところにどろあわわを2センチから3センチほど出します。

4 泡立てネットを軽く丸めたら両手を使って、空気を含ませるように泡立てます。

5 次は洗顔に使用する泡を丁寧に搾り取ります。

6 角がたつくらいの硬さになるようにして、しっかり泡立ったら、ネットの根元から泡を絞り出すようにして手に取ります。

主な注意点として、出来上がりの泡がもっちりとしていることを確認することが重要となります。どろあわわの使用量が少なすぎると、手の上に平らな状態に乗ってしまいます。

そのような状態の場合は摩擦が起きて肌に悪影響となります。

また、どろあわわの量が十分であっても、水やぬるま湯を加えすぎてしまったり、水分を着る動作が不十分であった場合には、吸着力が不足してしまうので、その点も気を付けるといいです。

正しい方法で、もっちりとした泡を準備すると肌に優しく効果的な洗顔をすることができます。

髪の生え際なども合わせて洗うので、多少多めに泡をつくっても有効利用できるため、正しい手順できれいな泡をたくさん準備して、まんべんなく洗顔することで、美しい肌を手に入れることができます。

洗顔自体の方法に関しても重要ですが、泡ができていなくては元も子もないので、その点に注目するといいです。