顔の場合は洋服や帽子などで隠すことは難しいので、ニキビ跡が目立ったりした場合にはとても気になりますし、また我慢もできません。
小さな跡ならメイクでも隠せますが、クレーター状に進んでしまった場合は、女性にとっては深刻な悩みになります。

これ等の跡の治療法には、薬やケミカルピーリングなどもありますが、とても酷い状態で自分ではなかなか治療できない場合には「レーザー治療」と言う方法もあります。

代表的なニキビ跡治療のレーザー法を紹介しましょう。

フラクショナルレーザー

ニキビ跡治療の代表的なレーザーです。
レーザーを使用する際に皮膚に小さな穴を開けて照射し、その皮膚を剥がすことで新しい皮膚を再生させる方法です。
正常な皮膚へのダメージが少ない上に痛みも少なく、傷の治りもとても早く、肌状態がとても綺麗なのが特徴です。

エルビウムヤグレーザー

このレーザーは、肌に照射することで水分に反応させて皮膚を蒸散させる方法です。
要するに水分の蒸発と共に、皮膚の表面を削り取るというイメージになります。
硬くなってしまっている皮膚を削り取ることで、効果は高いようですが、皮膚の再生までには時間を要します。

インテンスパルライト

ライトと名づけられている通り、レーザーのようにピンポイントで当てるのでは無く、広範囲な皮膚に光を当てる方法です。
このライトは複数の波長を持つ為に、波長によって効果がある症状が違います。
治療には痛みが殆ど無く、回復までの時間も長くは掛からないのですが、レーザーに比べて治療回数は多くなるのが特徴です。

レーザー治療の費用が心配

自分でケアする場合よりも、早く綺麗にニキビ跡は消すことができますが、レーザーの治療には費用が掛かります。
クリニックによっても変ってきますから、標準的な価格は一概には言えません。

あるクリニックの治療費用を紹介しますが、同一の医療機関の比較なので、ある程度の治療費用の目安は分かるでしょう。
しかし、1回の費用が安価でも治療回数が多い場合もありますから、総額費用はどのくらいになるかは直接相談に行くことをおススメします。

  • (1) フラクショナルレーザーの場合 顔全体 1回 約86,400円
  • (2) エルビウムヤグレーザーの場合 顔1回 19,000円
  • (3) インテンスパルライトの場合  顔全体 1回 33,000円

レーザーによっては、それぞれ効果のある症状が異なります。
改善したい症状によって、ふさわしい治療法を選ぶことが大切です。

症状に併せたレーザー治療を選ぶ

ニキビ跡の症状は個人個人違っていますから、効果的なレーザー治療も違って当然です。
どのような症状に、どのレーザー治療が合うのかを説明しましょう。

色素沈着によるシミに効く

比較的広い範囲を一度に治療できるので、肌へのダメージが少ない治療法です。
「メラニン色素の沈着でできたニキビ跡」には、インテンスパルライトの治療が有効です。

クリニックによっては、治療機器の呼び方が異なるために、名前が違っていることがあります。
「ライムライト」「光」「IPL」などと呼ばれていますが、内容は同じです。

クレータータイプのニキビ跡に効果

ニキビ跡の症状では最大になる「クレータータイプ」の場合は、そのデコボコ状態を一旦取り去ってから皮膚再生させる治療法の「フラクショナルレーザー」や「エルビウムヤグレーザー」が向いています。

ダウンしている時間が長くなるという欠点はありますが、とても効果的な治療法です。
クリニックによって呼称は様々で「炭酸ガスレーザー」「フラクセル」等と呼ばれてもいます。

ニキビ跡治療で注意したいこと

レーザー治療法はとても効果的ですが、肌への負担は軽くはありません。
基本の考え方が「古い角質を除いて新細胞を再生させる」という考えだからです。

ニキビ跡のシミやクレーターのいずれでも、肌に残っている古い角質は除去されます。
中には、治療後に「以前のニキビ跡のある肌の方が良かった」と思う人さえいます。

肌荒れが気になる場合があるからですが、肌の新陳代謝は個人個人で違いますから、再生能力にも差の違いは出てきます。
個人差は大きく、早い段階で綺麗な肌再生が終わる人もいますし、数年掛かる人もいます。

早く治療が済む場合は良いのですが、長引く場合は費用もそれなりに嵩みますから、症状に合った治療法やクリニックをよく調べることは大切ですね。
レーザー技術も進歩していますから、望みどおりの美しい肌を手にできる場合もあるでしょうし、長い期間の我慢が必要な場合もあるでしょう。
しっかりと調べて最良のクリニックを見つけてください。