間違ったスキンケアは乾燥肌のもととなってしまいます。乾燥肌になってしまうと肌のさまざまなトラブルを招くことが多くなります。毎日の洗顔でも角質層を傷めないよう洗顔対策などを考えてみましょう。

洗顔法を間違えてしまうと乾燥肌に影響を与える

肌の水分保持力はとても大切なものです。洗顔では、肌を守るバリアの働きで皮脂膜や角質層の細胞間脂質、NMF(天然保湿成分)が洗い流されてしまうからです。

通常、角質層の細胞間脂質が80%、NMF(天然保湿因子)が18%、皮脂が2%を担っています。これらが洗顔などで洗い流されると肌の水分保持力は激減します。

乾燥がひどい場合、洗顔によって失われた細胞間脂質、NMF(天然保湿因子)、皮脂などは約1日かけて修復されるので、寝ている間にもっとも修復されるといわれています。

そのため、朝に洗顔剤や石鹸を使って洗顔することはあまりおすすめはできません。

なぜなら、夜の間に回復した細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)、皮脂が洗い流されてしまい、肌の状態が無防備になるためです。するとより乾燥が進む状態の肌へとなってしまいます。

皮脂が多い人用の朝用の洗顔方法があります。皮脂が他の人よりも比較的多い人には、酸化してしまった皮脂が取り除けないといったデメリットがあります。

つまり、皮脂の多い人のためには、朝には比較的洗浄力の弱い洗顔剤や石鹸で皮脂の多いTゾーンのみを軽く洗顔すると、酸化した皮脂を落とすことで、水分保持力を適度に保てるということがあります。

乾燥肌への正しい対策法

・生活習慣の乱れを正しく対策すること

乾燥肌の原因には洗顔法のほかにも生活習慣や加齢、スキンケアのしすぎなどの原因があります。

主な乾燥肌の原因は「生活習慣の乱れ」で最近では若い人の中によくみられるようになってきています。

睡眠不足、タバコ、偏った食事、ストレスなどあらゆる生活習慣の乱れが乾燥肌を引き起こしているといえます。

生活習慣で肌が乾燥していると気がついたときから規則正しい生活に変えてみることも大切です。

・加齢が原因の肌の乾燥では新陳代謝をよくする

また、乾燥肌でも加齢が原因については、どうしても新陳代謝が低下してしまうことも多いです。

新陳代謝の低下は肌のターンオーバーを減少させて、肌に必要な水分を外に蒸発させて保湿ができなくなっています。

乾燥肌でも30〜60代の肌乾燥は加齢が起因しています。老化を食い止めるためにも新陳代謝をあげることを考えることが必要になってきます。

新陳代謝をあげるには、とくに運動や顔面のストレッチなどもとてもおすすめです。

乾燥肌の対策には食事内容が大切

・乾燥肌の対策には食事を改善する

食事はお肌の乾燥にも関係していることが多いです。毎日食べるものでも、効果的に乾燥肌を改善できることもあります。

乾燥肌対策のためには、豊富な脂質とたんぱく質が含まれている食事に変えていくことが必要です。乳製品でも牛乳や、ヨーグルト、チーズ、バターなどを摂ることがおすすめです。

とくに乾燥肌の場合、脂質の不足が招いてしまう肌質で、飽和脂肪酸は肌には重要な成分となっているので、積極的に摂取していくことがおすすめです。

・ターンオーバーが活性化される栄養素

脂質やたんぱく質の多い食品を摂ることで、古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わる働きがあります。そのため、肌のターンオーバーが活性化され、肌を整えるて乾燥肌を防ぎます。

肌のバリア機能を高めるためにも良質なたんぱく質は必要です。肉類や魚類、大豆製品や卵料理などを積極的に摂取することが必要となってきます。

・ビタミンの豊富な野菜を摂ることもおすすめ

乾燥肌対策としての食事では、洋食よりも和食の方が魚中心として摂ることで、健康な肌になるためにはとてもおすすめです。

野菜の中でも緑黄色野菜はビタミンAのカロテンが豊富に含まれている食材です。カロテンは細胞を強くしてくれるので乾燥肌にはとてもおすすめです。

とくに油といっしょに摂ることで、吸収率がとてもアップします。乾燥肌対策には日ごろの食生活を見直すことで、肌の健康が保たれてきます。