正しい洗顔をすることは、スキンケアとしてとても大切なことです。
間違った洗顔は肌の角質層にダメージを与えることや、乾燥肌や敏感肌、脂性肌や毛穴、シミなどのトラブルにもととなります。
大切なことは洗顔剤をしっかり選ぶことや、正しい洗顔方法で洗顔することです。

正しい洗顔剤の選び方について

正しい洗顔の方法として、「洗顔剤」を選ぶことはとても大切なことです。また、具体的な洗顔法としては肌への刺激を避けることや、肌の表面の油分を洗い流しすぎないことも大切なポイントです。

そのため、洗顔をする前に重要なことは、「自分の肌に合った洗顔剤をしっかりと選ぶこと」というのがとても大切になってきます。

肌にはオイリー肌や乾燥肌の人がいますし、もし洗浄力の強い洗顔剤を乾燥肌の人が使ってしまった場合、たちまち肌からは油分が失われていくことがわかるでしょう。

そのようなときには、油分が洗い流された場合でどうしてもつっぱり感が出てきてしまいます。

洗顔で大切なことは、自分の肌に合った洗顔剤を選ぶこと。美容成分の浸透しやすい整った肌づくりの土台になるようにすることです。

そのため、洗顔する場合にはあまりにも洗い上がりのための成分が配合されたものや保湿成分にこだわらないことが大切です。

また、配合されている成分がとても肌によい成分で、ビタミンCや美白成分、保湿成分であっても大半は洗い流してしまうので、肌にはあまり残らないものと考えられることもあります。

正しい洗顔方法について

正しい洗顔法とは、大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とす洗顔法です。その手順とは

1)洗顔剤をよく泡立てる前に、手もしっかりと洗うこと。

2)洗顔剤はしっかりと泡だてることが必要です。泡立てることが苦手な人は泡立てネットなどを使ってみるのもおすすめです。

3)洗いはじめはTゾーンから優しく洗いはじめ、皮脂の多い部分から優しく洗いはじめます。なるべく指が肌に触れず、肌と手の間に泡がクッションになるようにして洗うようにしましょう。

4)顔の中でも目元や口もとは乾燥しがちな部分です。そのため、泡を乗せるだけでも大丈夫です。

5)すすぎはとても大切なポイントです。洗顔剤が肌に残らないためにも、ぬるま湯で最低20回以上すすぐことが必要です。お湯の温度は、33〜36℃くらいで洗顔するようにしましょう。

6)洗った後は清潔なタオルを使い優しく水分を抑えるようにします。

7)洗顔後の保湿はとても大切なことです。洗顔後は角質の水分が失われがちになっています。洗ってからすぐに十分な保湿が必要です。

洗顔する場合の注意点は肌をこすらない

洗顔の目的として、古い角質や余分な皮脂、洗顔剤の洗い残しがないようにすることです。洗顔する際には注意する点として「肌をゴシゴシとこすらない」ということがあげられます。

スキンケアをする場合には、肌をこすることは厳禁です。肌は思った以上にデリケートですので、こする刺激にはとても弱いところがあるからです。

なぜなら、毎日こすって肌を知らずに痛めていると、シミやシワ、乾燥肌や肌荒れを招く原因になります。

ほかにもニキビや毛穴のことで悩みがある場合、丁寧な洗顔をすることが必要になってきます。しかし、こすり過ぎたり洗顔を長引かせるのは、肌にダメージが強くなります。

肌に大切な成分、油分や保湿成分までを洗い流してしまうことになります。肌は乾燥してしまうので、ダメージにとても弱い肌になってしまいます。

正しい洗顔法として「泡で洗う」ということを心がけましょう。洗顔剤は肌に馴染ませるだけでも余分な皮脂や汚れを浮き上がらせてくれます。

さらにしっかりと「泡立てる」と肌に密着しやすいので汚れや皮脂を浮き上がらせることで効果的に洗顔します。

洗顔せっけんでも高い濃密な泡が特徴の「どろあわわ」は、沖縄の海底にある貴重な泥のマリンシルトとベントナイトという成分が配合されています。

毛穴汚れやメラニンを含む角質を吸着して逃さず除去してくれます。