一般的には「ニキビは脂性肌の時に出来るもの」と信じられているようで、「乾燥肌にはニキビは出来にくい」と認識されているように思います。
でも、肌の乾燥はニキビとは無縁ではなく、むしろ[ニキビ発生の主原因の1つ]なのです。
乾燥肌とニキビの関連性を詳しく調べてみましょう。

乾燥肌でニキビが出来る訳

今までの認識なら「ニキビは毛穴に皮脂が溜まるせい」と言われて来ました。
私もニキビは油性の肌の人に出来るもの、と考えていましたから、とても意外な感じがします。
そもそもの原因から、勘違いしていたようですね。

ニキビの根本原因は皮脂ではなく、角栓によって毛穴が詰まり、面皰(めんぽう)が生じるためのようです。
塞がれてしまった毛穴に皮脂が溜まることで、面皰は白ニキビ(コメド)へと悪化していく訳です。
総合的に言うならば、ニキビ発生の原因は「角栓が毛穴を塞ぐこと」であって、皮脂はあくまでもニキビ悪化を促す要因と言うことです。
原因が「角栓が毛穴を塞ぐこと」ならば、乾燥肌でもニキビ発生はあり得ることになります。

乾燥肌と脂性肌は対では無い

乾燥と油性、反対語として対になるように思いがちですが、それは間違った解釈のようですね。
「水分」について考えて見ましょう。
乾燥肌とは水分が足りない状態を指していますが、油分についての言及はありません。

そして、脂性肌も油分が多すぎることを示しているだけで、水分が足りているとか、いないとかは言及していません。
水分と油分は角質細胞の隙間を埋めて肌を守っていて、肌内部の水分が蒸発しないよう繋ぎ止める働きを担っています。
これが“肌のバリア機能”と呼ばれる大切なシステムですから、バリア機能が機能してさえいれば、殆どの肌トラブルは未然に防ぐことが出来るのです。
ニキビ肌の状態、自覚している症状がドライでもオイリーであっても、『肌のバリア機能に問題が生じている』という点では同じことなのです。

ニキビができたということは、乾燥肌の人は99%、間違いなく皮脂過剰に陥っているのです。
肌バリアは皮膚内部の「最後の砦」にも例えられるものです。
このバリア機能が弱まることで、皮膚は大量の皮脂を分泌しますから、皮脂膜は厚くなってしまいます。
そして、「角質が乾燥して柔軟性は失われ」→「毛穴が角栓によって塞がれ」→「分泌過剰になって皮脂が毛穴に溜まって行き」→『ニキビ悪化の方程式が完全に成立』と言うことになります。
そうなのです、乾燥肌の人はほぼ全員(99%)が皮脂の分泌過剰を引き起こし、ニキビが出来やすい状態になっているのです。

冬場の乾燥肌でニキビが悪化する!のまとめ

大人ニキビの悪化は、冬場の肌の乾燥にあることを納得していただけたでしょうか。
徹底保湿を心がけることで、肌本来のバリア機能を復活させることが重要ですから、しっかりと覚えてください。
また、急激な寒暖差などへの対応で身体に負担がかかってしまい、男性ホルモンが優位になることで、皮脂の過剰分泌を促進させてしまうこともありますから注意しましょう。
正しい半身浴などで、しっかり身体を温めるなどの工夫が有効なようですよ。