毛穴は全身に3種類あります。
そしてその毛穴は、美容関係(ニキビとか)やワキガなど、なんらかのトラブルも含めて、スキンケア全般に関わってもいます。
毛穴にまつわる美容情報として、「終毛性毛包とニキビにどんな関連があるのか」を徹底的にリサーチしてみました。

終毛性毛包の特徴とは!?

冒頭に述べたように、毛穴は「脂腺性毛包」「軟毛性毛包」「終毛性毛包」の3種類に分かれています。

「脂腺性毛包」は、皮脂を多量に排出しますし、産毛をはやしています。
「軟毛性毛包」は、皮脂は非常に少なく、細く柔らかい産毛をはやします。
「終毛性毛包」は、太く長い髪の毛、ヒゲ、脇毛といった体毛全般をはやしています。

ここで述べる「終毛性毛包」の特徴としては、毛髪やムダ毛といった目立つ体毛を生やしていることと、「脂腺性毛包」ほどではないのですが、それなりに発達した脂腺を持つことがあげられるでしょう。
でも、出てくる皮脂は毛の成長と共に押し出されますから、毛穴に溜まってニキビになることはあまり無いようです。

ムダ毛とニキビの関係については?

女性の場合は、男性のように顔には「終毛性毛包」は基本的にはありません。
しかし、産毛程度のムダ毛も含めた場合には、注意が必要になりますし、また気付かない見ることが少ない背中部分にも注意してください。

ニキビは顔以外に背中にも出来ることがあのますから、カミソリでの毛の処理は避けましょう。
もっとも自分でのカミソリ処理は、とても難しいことですから、あまり試みる人はいないとは思いますが…。
とにかくカミソリの刃を当てることで、肌の角質層は傷つきます。

ニキビが出来ているのにカミソリを使用することで、肌の保護機能が落ち、ムダ毛処理をした範囲のニキビをさらに悪化させてしまうことも考えられるからです。
ムダ毛を生やす「脂腺性毛包」は、扱いを間違えないように対処しましょう。

終毛性毛包には絶対にニキビは出来ないの?

絶対に出来ないという訳ではなく、「終毛性毛包」の皮脂は毛の成長と共に排出されるので、ニキビが出来る可能性は著しく低いのです。
しかし、もしニキビが出来た場合でも、多く発生することは考えられませんから、自然に治癒するのを待てば大丈夫でしょう。
とは言っても、絶対にニキビにはならないかと言えば、可能性の問題で発症率は低いのですが「何らかの炎症」は起こり得ます。
女性の場合の「終毛性毛包」が多量にある箇所は頭皮ですから、頭皮に皮膚炎が起こる場合はあると思われます。

終毛性毛包とニキビの関係をまとめましょう

太く長い毛を生やしている「終毛性毛包」の場合、髪の毛やヒゲや脇毛等では、毛と共に皮脂は出てきますが、成長の過程で押し出されるので、ニキビに発展することはあまり無いようですね。
毛穴詰りが少ないため、ニキビには発展しないのですが、それでも何かのトラブルが生じてニキビになる可能性はゼロでないようです。

ただ、毛が生えきっていますから、何かの原因でニキビになったとしても悪化はしないようなので安心です。
背中などの場合は、産毛をそのままにするばあいが多いでしょうから、脱毛しておくことで安心は出来ますね。
ニキビはできにくいのですが、他の皮膚炎とは無縁と言うことではありませんが、清潔を心がけることで問題は大きくならないでしょう。
毎日の入浴や洗髪で、毛穴詰まりを避けるようにしてください。

何か問題が生じた場合には、医療機関での受診は必要になります。
頭皮トラブルに多い頭皮湿疹は、6人に1人が経験している症状ですが、フケや痒み・湿疹などでとても辛いものです。
ニキビに関わらず、他のあらゆる肌トラブルに注意しながら、肌バリアの機能をしっかりと守っていきましょう。