ニキビに悩んでいる人なら、まず1番にしてはいけないこととして「ニキビに触れてしまうこと」は厳禁と知っているはずです。
でもまだ「?」の場合も考慮して、皮膚科医の専門医として有名なケイティー・ローダンとキャシー・フィールズに直接質問してみました。

お2人は「ニキビの専門医」という立場から、あの有名なニキビケアの「プロアクティブ」を開発した方々です。
すでに知っている方も、まだニキビについていろいろと不安のある方も、その回答に注目してください。
「よくある質問」と言うことで1〜4まで答えてもらっています。

質問1 <太陽にあたる事はニキビにとってプラスですよね>

ドクターの回答<太陽がニキビを助けてくれることはありません!>

アメリカでは「太陽はニキビによい」という神話が、いまだに信じられているのですね。
そのような神話は絶対にありません。
信じる人は救われるとは言いますが、実際には太陽はニキビにとっても害になります。
その理由を述べていきましょう。
日焼けした後は、肌のターンオーバーなどの働きによって肌色は序々に戻りますが、その時の肌の角質はどんどん剥がされていくのです。
この剥がれた角質が溜まってしまい毛穴が詰り、2週間位の間にまたニキビを発生させます。
ニキビは日焼けで目立たなくなるから、と言う人も居ますが、それはほんの短い期間です。
色素沈着をしてしまったニキビ跡は、数ヶ月以上残ってしまう場合もあるのです。
日焼けはニキビの味方ではなく、問題発生の原因でさえあるのですから、曇っていても安心せずに、1年間を通して日焼けには気をつけましょう。
『ニキビが出来にくい処方』の日焼け止めには、「オイルフリー」「ノンコメドジェニック」「ノンアクネジェニック」などがあります。

質問2 <ニキビを潰す正しい方法がありますか>

ドクターの回答 <ニキビを潰す正しい方法はありません>

ニキビを潰すという方法は、決してお勧めしない、良い方法ではないからです。
その理由は、潰すことで雑菌を毛穴の深いところに押しやることになりますから、さらに炎症を悪化させてしまうのです。
それにニキビを潰すことで、ニキビ跡が残ってしまいます。
でも癖になってしまっている人は、潰したい欲求が出てきた場合、「スポットケア」のようなニキビの回復を促してくれるものを塗ることで我慢しましょう。

質問3 <食生活によってニキビは改善する?>

ドクターの回答 <とても複雑で 簡単には答えられません>

悩んでいる人にとっては「スーパーフードはないの」と、きっと思っていることでしょう。
でも残念ですが、そんなものはありません。
逆説でお答えしましょう。
個人差はあるのですが、「ニキビを誘発する食べ物」はあるようですね。
高血糖食品と言われている、加工食品、甘いお菓子、パン、スキムミルクなども、ニキビの原因になると言われています。
チョコレートに関しては、高カカオのものは健康に良いと評判ですが、ニキビに関しては調査中でもう少し待たなければなりません。
他にも、ヨウ素の高いもの・例えば魚やヨウ素で強化された塩や乳性品なども、要注意とされています。
また、ホルモン剤が使用されている肉もニキビの原因と考えられていますが、非常に個人差があるので、これという決定的なものは見つからないようです。
ある人にとってはニキビの原因と思われても、別の人の場合は全く関係の無いという場合があるからです。
アドバイスできるとしたら、自分で1ヶ月毎日でも「食べ物リスト」をとり、「飲食したものとニキビの状態」を記録して、その結果で自分で判断してください。
とても手間がかかることですが、自分のことは自分で解決するくらいの意気込みは欲しいですね。

質問4 <一番早く治す方法を教えて>

ドクターの回答 <我々の商品を使用してください>

とてもニキビで悩んでいるのに、自分の力で対抗せずに、自然治癒を待ったり、スポットケアを塗ったり、1日だけ食事療法を試したり、そんな日々を送っては居ませんか。
これらの方法を試してみた人なら、何年経ってもニキビは再発して改善しないことをよく知っていらっしゃるでしょう。
プロアクティブの使用は、ニキビケアと共に行うことで新しいニキビを予防します。
私たちはプロアクティブの開発者ですから、当然この方法が一番と信じてもいます。
3ステップの「洗顔料」「薬用美容液」「薬用クリーム」で、ニキビに対抗しています。
私たちだけの意見では無く、実際に世界中の人々の肌をきれいに、健康的にするお手伝いをしてきました。

プロアクティブの知覚調査

参加した93%の人がニキビが減ったと言っていますし、92%の人が肌の調子がよくなったと言ってくれています。
他の多くの処方の塗り薬より、4倍も早く治癒したとの報告もあります。
プロアクティブの効果は、実際に使用してみなければ分からないでしょう。
3ステップを毎日続けることで、ニキビは減少していきますし、また綺麗な肌をずっと維持も出来ます。

まとめましょう

DoNotTouchプロアクティブの開発者が言うように、日本の皮膚科医も「ニキビを触ることは悪化の原因になる」と述べています。
「頬杖」が癖の人も、顔のニキビに触るわけですから、ニキビ悪化の可能性はありますね。
スマホや電話で話すときも、にきびに触れないよう気をつけてください。
さらに「洗顔時」には優しく刺激を与えないよう、「就寝時」にはニキビが枕に触れないよう、様々な配慮が必要ですね。