何となくなのですが、「冬にニキビができるって可笑しくない?」と思われた方多いと思います。
思春期のニキビは、大人になるための関門のような感じで誰もが認識していますから、春から夏にかけてニキビは盛んになるイメージがしっかりありますよね。
ところが実際には、「大人ニキビは冬場に悪化する」ようなのです。
「なぜ冬場にニキビが増えるのか」「その対策は?」疑問に応えて行きます。

冬場の乾燥が大人ニキビを増やす?!

大人ニキビの発生原因は、角質層の水分が失われることで起こる[肌バリア機能の低下」にあります。
角質層には、角質細胞のほか、セラミド、NMFなどの細胞間脂質が含まれています。
これらの物質によって、水分と油分を幾重にも重ねたラメラ構造が作られ、外部の刺激から肌を守っているのです。

しかし冬場の乾燥によって、ケアされいる表面だけは潤っていますが、角質層の内部が乾燥してバリア機能は低下する「インナードライ」という状態になっている方も少なくはありません。
このような状態では、角質が柔軟性を失ってしまって異常角化が起こりやすくなりますから、ニキビの原因となる角栓発生(角質の塊)が多くなるのです。

冬場は徹底保湿してニキビを予防

異常角化や角栓発生等の肌バリア機能の崩壊が、ニキビ発生に繋がるのですから、角質層の水分量を保持することがとても大切になります。
角質層の水分は普通15〜20%ですが、10%を下回ってしまうとバリア機能の低下が始まり、そして乾燥肌になってしまうのです。
冬の間は夏場と違ってあまり汗もかきませんし、汚れ無いような気がしますから、洗顔を何回もすることは考えないでしょうし、従って保湿ケアもしないことが多いと思います。

でも、1日に3〜4回の保湿ケアを考えることは必要なのです。
朝晩の洗顔時はもちろんのこと、入浴後も保湿は重要になります。
皮脂分が多いと思ってしまうと、ゴシゴシ擦り洗いをしたくなりますが、皮脂膜を傷つけてしまいかねません。
皮脂膜は、角質層からの水分蒸発を予防する保護膜の役割も果たしていますから、過剰な洗顔は角質層の乾燥やバリア機能の低下を促進してしまうことになります。
注意しましょう。

冷え性でニキビが悪化するって本当!?

東洋医学では、「冷えによってニキビが悪化する」という説が有力だとか。
「血液が滞って溜まることで老廃物は排出できず、それが吹き出物や皮膚炎といった形で表に出る」とされているとのことです。
なんとなく理屈は分かりますよね。

冷えによるホルモンバランスの乱れは、女性ホルモンよりも男性ホルモンを優位にしますから、ニキビは出やすいとのこと。
男性ホルモンには、「肌バリア機能の低下」「角栓発生の促進」というマイナス効果がありますから、冷えによるホルモンバランスの乱れは気をつけなければなりません。
そのためには、身体を芯から温める生活習慣を心がけて行きましょう。

冬場のニキビ対策 まとめましょう

冬の空気は乾燥が強いため、肌の角質層のバリア機能を維持する水分は失われ易くなり、肌健康はとても危険な状態になっています。
肌を防御するためには、角質の水分量を増やすことが肝心になります。
とにかく「保湿ケア」に力を入れましょう。

さらに冷え性の方は、ホルモンバランスが乱れやすいですから、男性ホルモンが増える傾向にあることを自覚して、ニキビ増加を防ぐ工夫をしましょう。
入浴は肌への水分補給に最適ですから、キチンと40度くらいのお湯に肩まで浸かって身体を温め、就寝の30〜60分前までには入浴をすることをお勧めします。
そして深く質の良い睡眠をたっぷりとり、睡眠時の室温や水分にまでも気を使い、さらに冷え性対策もしっかりとしてくださいね。